木+鉄で建てる、第三の工法。大成ホーム テクノストラクチャー標準仕様

テクノストラクチャーとは

パナソニック独自の耐震工法木と鉄のオリジナル複合梁「テクノビーム」を採用した工法です。地震などの災害への安心とともに、建物や住空間の自由なデザインを可能にします。住まいの劣化に影響を与える「結露」を防ぐために、壁の内側や屋根裏に空気が流れる「通気工法」を採用して湿気を排出。 また、「テクノビーム」には、溶融亜鉛めっきによる防錆処理を行い、さらに断熱補強も施して結露に対応します。木材の防腐・防蟻処理も加え、最高等級(劣化対策等 3)に適応。この他、施工にばらつきがない工法の開発や部材品質の均一化で、3世代に渡って住み続けられる約100年ほどの耐久性を実現します。

2建て以下の木造住宅では義務化されていない構造計算が必要と考え、独自のプログラムによって、 あえて一棟ごとに構造計算を実施。耐震、耐風、耐雪すべてにおいて高い品質を確認します。住宅性能表示制度の耐震等級は最高の3に対応できます。同様に台風に対する強度も構造計算により、十分な強度を確保します。

詳細はこちらをご覧ください

大成ホームがテクノストラクチャー工法の
木造住宅を手がけるわけ

「テクノストラクチャー工法」と構造計算によって、「テクノストラクチャーの家」は強度を保ちなが ら柱を減らすことが可能。広々としたリビングや高い天井が実現できます。自由設計、将来の間取り の変更も容易です。

詳細はこちらをご覧ください

通し柱ではなく、複数の木材をピンでつなぐ工法のため、個性的な空間づくりが可能です。材料が短くて済むので、狭い道の敷地に建てる場合も小さい車での搬入が可能です。

詳細はこちらをご覧ください

コンクリートに比べて外壁の自由度が高く、個性的な外観が可能です。

詳細はこちらをご覧ください

結露を防止する「通気工法」を採用、壁にも内部を空気が循環する「壁体内通気構法」により湿気を 逃がし、住まいの大敵 “結露” を抑えます。「テクノビーム」には、溶融亜鉛めっきによる防錆処理、木材 の防腐・防蟻処理も加え、最高等級(劣化対策等 3)に適応。3 世代に渡って住み続けられる約 100 年ほどの耐久性を実現します。

詳細はこちらをご覧ください

壁の間に断熱材を挟み込めるため、快適な室内気温を保つ事ができ、結露も防ぎます。また、2020年から義務化される省エネルギー基準にも対応しています。

詳細はこちらをご覧ください

大成ホーム独自の取組により
さらなる堅牢性を実現

大成ホームだから可能な高級せっこうボード(タイガーハイクリンボード)の大量仕入れにより標準 で天井材として採用、省令準耐火構造仕様に対応しています。また、有害物質ホルムアルデヒドを短 時間で吸収分解します。

詳細はこちらをご覧ください

シロアリ被害を未然に防ぐ「Joto キソパッキング工法」を採用。また、40 年以上、70 万戸を超え る登録実績の保証制度「しろあり保証 1000」を採用していますのでシロアリ対策も万全です。

詳細はこちらをご覧ください

充実のアフターサポート

完成後のメンテナンス、いざという時の備え、転勤などによる賃貸活用に関しても万全の体制でご安 心いただけます。

詳細はこちらをご覧ください
詳細はこちらをご覧ください